So-net無料ブログ作成
検索選択

こち亀!連載終了を発表!最終話はゴルゴ13逮捕&大原部長は両さん [マンガ・アニメ関係]

スポンサーリンク




こち亀と言えば、週刊少年ジャンプ連載の

ギャグマンガ


「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のこと。

こち亀.jpg


この漫画なんと1976年から40年も続いている

長寿マンガで、ギネスブックにも載っている。


誰もが終わらないマンガとして、それが当たり

前に思っていたことだろう…


ところが寝耳に水とはまさにこのこと。


マンガの作者である秋元治さんは3日に行われた

東京千代田区の神田明神での奉納式で、こち亀

連載の終了を発表した。


終了を考えたのは今年に入ってからで、コミックが

切りの良い200巻を迎えることにあるという。


主人公の両津勘吉は江戸っ子で下町育ち…

そう来ればお察しの通り、大のお祭り好きで

ハチャメチャな騒動を繰り広げてきました。


そんな両さんのマンガが終わるとすれば、

めでたい200巻で40年という節目が良いと

いうことになったわけです。


なんでも、40周年のお祭り騒ぎで「わぁー」って

具合で騒ぎ、そのピークの状態のときに姿を消して

行くと…


それが最高のエンディングと語っていました。



う~んどうなんでしょう

こういうギャグマンガにはあるパターンですね。


赤塚不二夫さんがやってたと思います。


秋元さんの健康状態が悪いわけでもないのに

こち亀終了ってもったいないと思いませんか?


最終話は描いて準備しておいて、連載は続けて

行ってほしいと思います。


こち亀は描けるところまで描き続ける!


最終話はそう…大どんでん返しで意表を突く

終わり方っていうのはいかがでしょう。


しかも無限ループで終わりのない“こち亀”(笑)


①ひょんなことから出会った科学者がタイムマシンを

完成させていた。


②両津勘吉はタイムマシンで“こち亀”の

連載開始の時点にタイムスリップ。


③ちょっとしたミスで過去の大原部長と両さんが

入れ替わり。


④連載開始当初から大原部長は両さんだった!


そして終わりのない“こち亀”が完成。



いかがでしょうか秋元さん。

今までにも変な科学者は登場していたから

まるっきりダメなストーリーではないと

思うのですが…


ダウンタウンの松本さんは、最後にゴルゴ13を

逮捕してほしい…と言っていたそうですが

それも読んでみたいなぁ…


なんか、まだまだ面白い“こち亀”が出来そうですよ

連載続けましょう!



人気ブログランキングへ




スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。